別 名
所在地 東京都北区上中里
築城者
築城年
廃城年 −
現 状
築城者 豊島近義
築城年 平安時代
廃城年
現 状 平塚神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 源義家の家人豊島近義が城主と伝わり豊島氏の居城となっていたが、豊島氏は長尾景春の乱に加担し扇谷上杉氏の家宰太田道灌によって滅ぼされた。このときに平塚城も落城したとされている。
 東京23区内には伝承だけで支えられている城がいくつかある。平塚城もそのひとつで正確な場所はわかっていない。太田道灌が豊島泰経と戦ったときに平塚城を攻めたというのが従来までの説だったが、最近はこの説も否定されており豊島氏が立て籠もったのは石神井城と練馬城というのが定説となった感がある。両軍が戦った場所が沼袋から江古田にかけてということを考えれば平塚城籠城説が否定されることも納得できる。室町時代後期まで使用された城であればある程度の場所は特定されていただろう。
 平塚神社を含む一帯が平塚城跡とされているが境内を散策しても東京都が設置した案内板があるぐらいだったが、久しぶりに再訪したときにはもうなくなっていた。場所が移されたのかもしれないが探すつもりもなかった。境内には源義家の甲冑を埋めた甲冑塚があり平塚の地名の起こりとなっているが、これもロープが張られて近づけなくなっている。もっとも塚の周囲には柵があり中へ入ることは以前からできなかった。余談になるが神奈川県平塚市も塚がその名の由来になっている。
JR京浜東北線「上中里」下車 徒歩1分
日本城郭大系/新人物往来社
1995/02/14・2019/06/03