福島城
 
別 名
所在地 東京都清瀬市旭が丘
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 JR新座貨物ターミナル
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 日帰り温泉へ出かけた帰り道のことである。この日は疲れを取ろうと最初から城館探訪は予定していなかったが、近くに城跡があるとどうしても立ち寄ってみたいという衝動に駆られてしまう。これはもう一生治らないだろう。
 三芳町の城館推定地へ訪れたあとは新座駅まで歩くことにした。陽射しは強いが蒸し暑さがないので快適だった。その途中で以前から気になっていた清戸番所が存在していたであろう場所に寄ることにした。清戸番所は北条氏が設置した番所で名前だけはいろいろな史料に登場してくるので知っている人も多いが、その所在地はわかっていない。東京都遺跡地図情報では新座駅の西にある貨物ターミナル付近を示しているが、清瀬市下宿にあったことは間違いないので東京都の水道施設が建ち並ぶあたりも候補地として挙げておきたい。
 この番所は三田氏を筆頭とする青梅の武士たちが交替で守っていた。守備につく武士たちに宛てられた北条氏の書状が残されているが、その掟はなかなか厳しい文言が並んでいる。滝ノ城と相対する位置にあって柳瀬川の渡河地点を監視していたらしい。昔は滝ノ城そのものが清戸番所ではないかとされていたが今では否定されている。番所というだけあって兵舎が並ぶ区画を堀で囲んだ程度のものだったと思うが、それなりに知名度はあるので一度は訪ねておきたかった。
JR武蔵野線「新座」下車 徒歩20分
2019/06/19 Webサイト/東京都遺跡地図情報