別 名 新城
所在地 千葉県匝瑳市八日市場イ
築城者 押田氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 天神山公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 八日市場城を築いたとされる押田氏は、平治の乱で敗れた源義朝につき従い比叡山の悪僧に首を射られて死んだ源義隆の末裔という。義隆は陸奥六郎と呼ばれ源氏の長老として人々の尊敬を集めた武士だった。義隆の遺児頼隆は千葉常胤に養育され成人した後は挙兵した源頼朝に対面している。義隆の死を間近で見ている頼朝は喜んで頼隆を迎えたという。この末裔が押田氏であり千葉氏の重臣として続いた。源義隆の所領は相模毛利荘にあったことから頼隆も毛利冠者と名乗っているが、毛利は森に通じ頼隆の子孫からは織田信長に仕えた森可成が出ている。押田氏の遠祖が鬼武蔵と呼ばれた森長可と本能寺の変で信長に殉じた森蘭丸長利に繋がる家系ということは八日市場城のことを調べている過程で知った。
八日市場城 北西尾根の郭跡 北東尾根の段郭
台地西側の土塁 主郭跡 主郭跡の櫓台
主郭跡の空堀 二の郭跡 南側斜面の虎口状遺構
腰郭 竪堀 二の郭跡の堀切
 八日市場駅から北へ歩くと中世にこの地域の中心となっていた場所へ行き着く。平安時代に匝瑳氏が開拓した匝瑳城と室町時代に衰退した匝瑳氏に代わり押田氏が支配した要害台城を訪ね歩き、最後に戦国時代の政庁だったと思われる八日市場城を訪ねた。駅前の観光案内板に目をやると天神山公園が紹介されているが、中世の歴史には何も触れられていなかった。
 天神山公園へはいくつかの道があるが案内標識に従い北側から登った。ありふれた公園といった感じだが突き出した尾根は手つかずで斜面にも横堀が残されている。台地上には土塁が残り城跡らしい雰囲気はよく残っている。主郭には櫓台が残り展望台があった。この日は快晴の予報だったにもかかわらず概ね曇っていたが眺望は開けている。広大な二の郭は完全に整地されグラウンドになっているが、主郭との間に空堀が残されている。遺構はこれぐらいかと下りることにしたが南側斜面に腰郭のような地形があるので歩いてみることにした。これが正解で破壊を免れた八日市場城の姿があちらこちらに残されていた。東端まで歩くと巨大な堀切が台地を断ち切っている。ここから道がついていたので下ると八日市場駅まで最短距離で歩くことができた。地形がよく保存され遺構も残されているのに城跡だったことを示す案内板はひとつもないが旧八日市場市内の城跡はどこもそんな感じらしい。八日市場駅へ着くと本当にわずかの時間差で千葉行きの列車が出発した後だった。跡形もない匝瑳城に立ち寄ったことが響いたわけだが後悔はしていない。すべてを見て歩いたことでこの地域の歴史を深く学ぶことができたと思っている。
JR総武本線「八日市場」下車 徒歩15分
図説房総の城郭/国書刊行会
2019/03/25