福島城
 
別 名
所在地 千葉県印西市師戸
築城者 師戸四郎
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 印旛沼公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 空堀
遠景 三の郭 空堀 三の郭 虎口
二の郭 空堀 主郭 空堀 眺望
 
 その創立は鎌倉時代にまで遡るというが師戸四郎の築城という伝承が真実かはわからない。印旛沼を見下ろす優美な城であり、当時は城の真下まで印旛沼が広がっていた。最初に訪れたときの第一印象がとても良く土塁と空堀が美しいと感じた。その秀麗さを忘れることができずに数年を経てからもう一度訪れた。初回もそうだったが二度目も非常に天気に恵まれて楽しさも増した。
 臼井城とは一対を成す城であり舟を利用して往来していたという。他にも印旛沼沿いには似たような城が多く、渡し場を意味すると思われる戸がつく名称の城が多い。遠目に見ると美しい印旛沼だが水質汚染は深刻だという。
京成本線「京成臼井」下車 大成交通バス「印西牧の原駅」行で「師戸」下車 徒歩5分
2007/04/29・2015/03/05 日本城郭大系/新人物往来社