別 名 雨城・霧降城・浦田城
所在地 千葉県君津市久留里
築城者 里見義尭
築城年 天文4年(1535)
廃城年 明治5年(1872)
現 状 山林・久留里城址資料館
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 天守・土塀
史跡指定
評 価
 一般的には上総武田氏が久留里古城を築き、新たな支配者となった里見義尭が天文4年(1535)に上総侵攻の足掛かりとして久留里城を築いたとされる。戦国時代の半ばには北条氏の勢いが増して里見氏は劣勢となるが、上杉謙信と盟約を結んだことで挽回している。義尭は久留里城で亡くなっているので実質的な里見氏の居城となっていたようだが、義尭没後の内紛で里見氏は弱体化し、北条氏滅亡後も豊臣秀吉の勘気に触れてしまい上総の領地は没収され、久留里城には徳川家康の家臣大須賀忠政が入った。江戸時代に久留里城は一度廃城となるが、60年ほどの空白を経て黒田直純が入封し城の機能を城山の麓に移している。
久留里城 三の丸跡 硝煙蔵跡
堀切 久留里曲輪跡 お玉ヶ池
二の丸跡 二の丸跡の復興土塀 男井戸と女井戸
天神曲輪跡 波多野曲輪跡 本丸跡の天守
本丸跡の土塁 本丸跡の天守台 北尾根の堀切
北尾根の堀切と土橋 北尾根の堀切 久留里城からの眺望
 久留里城への道のりは本当に遠かった。木更津駅からは単線の気動車が走る久留里線に乗り換える。1両編成の気動車はのんびりとした田園風景の中を走ってゆく。国鉄時代の気動車と言えば朱色とクリーム色のツートンカラーか橙色の単色塗装だったが、JRへ移管してからはカラフルな塗装になった。自宅から片道で4時間近くかかったが、新幹線なら東京から姫路に着いてしまうし、成田空港から飛び立てばグアムなら空港に降り立ち買い物ができるぐらいの時間がかかる。
 久留里駅から久留里城への道標に従い坂道を登ると城山トンネルがある。舗装された車道を歩けば楽に久留里城へ着くが、せっかく来たのだから往時の道を楽しみたい。神明社から北西に尾根を辿り久留里古城を訪ねたが、ここも素晴らしい遺構が目白押しだった。再び尾根へ戻り城山トンネルの下を通る車道を見下ろしながら久留里城へ入る。すぐに中世の三の丸跡へ着くが土塁が見事だった。硝煙蔵を過ぎると細い尾根になるが、車道の建設で削られてこのような形になっているのが残念に思う。おかげで堀切も薄く切り落とされたようになっている。二の丸には資料館が建設されているが久留里城の模型が展示されているものの、市内の中世城郭についての資料や展示は期待したほどではなかった。
 本丸へ登ると二層の復興天守が建っている。浜松城を模したというだけあって確かによく似ているが、なぜ浜松城を参考にしたのかはわからない。剣之峯の北へ続く尾根へ向かうために天神郭から遊歩道を歩いた。前日まで多少の雨が降っていたのと気温はそこそこ上がっていたのでヤマビルに出会わないように祈りつつ尾根を進んだ。最初に出会った堀切はカメラに収まり切らないほどの大きさだった。その先にも土橋を伴う堀切があるなど飽きることがない。
 近世三の丸へ下る山道は崩落のために通行止めとなっていたので帰りは車道を下った。それから遠景を撮影するために三の丸を歩いてみたが、江戸時代の遺構は大半が消滅しているようだった。久留里駅までの帰り道に久留里の名水を飲んでみた。街中のいたるところに水が湧き出ている。その恩恵で造り酒屋が多かった。帰りの汽車が出るまで1時間ほど待たされたが、ゆったりと時が流れるような街にいるとそれはまったく苦にならない。時間が止まったような静けさに包まれた久留里城と城下町の雰囲気は格別だった。
JR久留里線「久留里」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館・図説房総の城郭/国書刊行会
2019/03/17