別 名 上ノ城
所在地 千葉県君津市久留里
築城者 武田信長
築城年 康正2年(1456)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 久留里古城は上総武田氏の築城とされているが、今も残る遺構の大部分は里見氏が上総侵攻の拠点として久留里城を改修した時代のものだろう。真里谷城と庁南城を拠点としていた武田氏は里見義尭に敗れて久留里城を立ち退いている。武田氏時代の規模がどのようなものだったのかはもうわからないし、豪快な削り残しの土塁や巨大な堀切などは里見氏の手による遺構と思う。
久留里古城 神明社 尾根道
南尾根の堀切 南尾根の二重堀切 土塁
土塁 主郭跡の空堀 主郭跡の空堀
主郭跡 主郭跡の土橋 主郭跡の土橋
 千葉県の城館は数多く訪ねていたが、そのほとんどは下総と呼ばれた房総半島の北半分に集中していた。南房総を形成する上総と安房の城を訪ねてみたいという気持ちは持っていたが、自宅から距離がある上に列車の本数も極端に少ない。久留里城や大多喜城へは単線の1両で運行する気動車に乗らねばならない。特に東西の移動は大変で1日がかりで数か所の城しか訪れることができない。この日も往復で8時間近い時間を費やしたが訪問できた城は2つだけだった。
 木更津駅で少し時間を潰して久留里線に乗る。昔と違って今の気動車は音が静かになっている。車窓から眺める田園風景は捨てがたく日本の原風景がそのまま残されているようだった。平成も終わろうとしているのに前時代の風景が今も人々の暮らしとともに続いているのに魅力を感じた。
 城山トンネルの手前に神明社の参道があるのでそこから登った。久留里城へは車で登れるが久留里古城は山道を歩かなければ行けない。日曜日だったがさすがに誰にも会うことはなかった。神明社から北へ伸びる尾根に取りつくがいかにも房総の城らしい細尾根が続く。難所にはロープが張られているので助かるし道案内にもなった。途中で尾根の下った先にひどい藪があり向こう側はとても降りられないような絶壁となる箇所があったので引き返し真勝寺を示す道標に従い歩いた。そこには巨大な堀切があり尾根を断ち切っていた。途方もないような土木作業による堀切を眺めながら再び尾根へと登ると程なく二重堀切があった。古い山城という先入観を持っていたので驚きの連続だったが主郭を囲む横堀と重厚な土塁を見せられて思わず声が出てしまうほどだった。主郭はそれほどでもなかったが、そこから下った先の土橋や複雑に配置された郭に目を奪われ通しだった。予定よりも長い時間をかけて久留里古城の遺構を存分に味わい城山トンネルの上に続く尾根から久留里城へと向かうことにした。
JR久留里線「久留里」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・図説房総の城郭/国書刊行会・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2019/03/17