福島城
 
別 名
所在地 千葉県市原市椎津
築城者 椎津胤仲
築城年 正中年間(1324〜25)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林・宅地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 千葉県指定史跡
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 主郭 虎口 主郭 土塁
主郭
 
 上総国の中では比較的知られた城だと思う。房総武田氏、里見氏、北条氏による争乱が繰り広げられた城で、戦国時代の終焉とともに廃城となった。椎津城を廻りこれだけ多くの戦いが起きたのはそれだけ要衝にあったということなのだろう。
 少し前までの椎津城は民有地であり竹囲いがされて訪れづらい雰囲気があった。せっかく遠くまで訪れても城跡に入ることができなければ無駄足に終わってしまうし往復の旅費がもったいない。そのような理由があって訪れる気が起きなかったが、ここ数年で椎津城の情勢は好転し、市原市の史跡となった翌年に千葉県の史跡へ昇格し、城跡は雑木が伐採され案内板や幟が立つなど見学者への便宜が図られた。今も私有地であることに変わりはないが県史跡であれば堂々と入ることができる。千葉県の城郭探訪はずいぶんとご無沙汰だったこともあり、この史跡整備は渡りに船だった。
 駅から近いのもありがたい。バスの本数も多いが近いので歩いてみた。知らない街並みを歩くのは楽しいし、途中には近世の陣屋跡もあるので退屈しなかった。凍えるほど寒い日だったが椎津城に着く頃は少し体も暖まり気力も充実してきた。市街地にあってこれだけの遺構を見られれば満足である。ここまで来られると佐貫や館山も行けないことはないし、もう少し頑張れば大多喜や久留里なども行ける。移動手段が乏しいので数は廻れないだろうが、これまでの城廻りは北関東中心だったので房総の城への探求心が芽生えてきた。
JR内房線「姉ヶ崎」下車 徒歩20分
2018/02/06 日本城郭大系/新人物往来社