別 名 佐倉城・将門山城・根古屋城
所在地 千葉県印旛郡酒々井町本佐倉
築城者 千葉輔胤
築城年 文明16年(1484)
廃城年 元和元年(1615)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 本佐倉城は文明16年(1484)に千葉輔胤によって築かれた。輔胤は千葉氏宗家を滅ぼした馬加康胤の庶子を自称し、康胤が室町幕府の差し向けた東常縁に滅ぼされた後に古河公方足利成氏の後ろ盾を得て千葉氏の後継者を名乗り亥鼻城に代わる居城として本佐倉城を築いている。それからの千葉氏は古河公方と小弓公方の対立に巻き込まれ、版図を拡大する北条氏に心を寄せる重臣原氏の専横を許し当主が次々と暗殺されるという不運が続き事実上北条氏によって乗っ取られるかたちとなった。天正18年(1590)に豊臣秀吉が北条氏を滅ぼすと千葉重胤は改易され本佐倉城は廃城となる。関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康の六男松平忠輝が短期間だけ城主を務めた後、元和元年(1615)に土井利勝が佐倉城を居城としたことで本佐倉城は二度目の廃城を迎えた。
本佐倉城 倉跡 奥ノ山跡
主郭跡の堀切 主郭跡の虎口 主郭跡の土塁
二の郭跡の堀切 セッテイ山 虎口
空堀 空堀 桔梗塚の碑
向根古谷跡 向根古谷跡の空堀 向根古谷跡の土塁
 本佐倉城へはじめて訪れたときは大佐倉駅の鄙びた雰囲気に驚いた。素朴ながら美しい佇まいだと思った。昭和の頃は珍しくもなかったが今はどの駅も画一化されてしまって駅前の風景はどこも同じになってしまった。本佐倉城はまだ国史跡に指定される前であり整備されていなかったので鬱蒼とした森林だったことを覚えている。
 7年後に再訪したときには案内板が設置され整備が進んでいたが余計な土木作業がされていないので安心した。相変わらずの深い空堀を楽しみながら散策していると5月なのにバッタがたくさんいた。撮影して帰宅してから調べてみるとバッタではなく成虫の姿で越冬するツチイナゴだった。
 千葉氏が居城として築いた要塞だけあってその規模は見事なものだった。水田になっている土地は船が行き来した沼沢地で船溜り跡も残っている。千葉氏ゆかりの妙見社が向根古谷と本佐倉城の間に祀られているが、ここは根古谷の地名どおり家臣の屋敷があったのだろう。やや古めかしい感じはするが土塁と空堀の規模は見事なもので周辺の台地にも遺構が残っている。二度目の訪問は5月初旬でそよ風が吹き抜ける中を鯉のぼりが気持ち良さそうに泳ぐ季節だった。
京成本線「大佐倉」下車 徒歩10分
関東の名城を歩く/吉川弘文館・図説房総の城郭/国書刊行会・日本城郭大系/新人物往来社
2002/11/02・2009/05/04