福島城
 
別 名 南生実城
所在地 千葉県千葉市中央区南生実町
築城者 原常途
築城年 大治元年(1126)
廃城年 天文7年(1538)
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
古城 土塁
腰郭 古城 空堀
 
 16年前に訪れた小弓城は雨で黄昏時だった。図面も持たずに歩いただけだから何も覚えていない。八剣神社の参道で子どもたちが野球をしていたことだけが記憶にある。雨の夕暮れに野球に興じる姿を見て自分の子どもの頃と重ね合わせた。
 そんな曖昧な記憶しかないのでもう一度行きたいと思っていたが、千葉は遠くはないが近くもない距離にあるため行けないでいた。この年の2月は記録的な寒波が関東地方を襲ったこともあり、普段なら群馬や栃木の山城を目指す時期だが降雪と寒さを敬遠して温暖な千葉を選んだ。それでも寒波は凄まじく千葉も凍てつくほど気温が下がった。幸い小弓城に着いた頃には寒さも和らいでいたので、久しぶりの城をのんびり歩いた。以前に訪れたときとほとんど同じ道のりを歩いたが、新たな発見も多く印象深い訪問となった。
 小弓城と生実城はその時代に隔たりがあるとされてきたが、最近はほとんど同時期に併存していたとされている。歴史についてはかなり混同が見られるが双方が並立していたと考えらえれば矛盾もなくなる。小弓城のほうが古い時代のかたちをそのまま伝えているのは明白だが、生実城の築城時期が通説よりも早く、室町時代半ばから戦国時代前期にかけて並び立っていたのだろう。国府台合戦で小弓公方が滅んだ頃に小弓城は廃城となったと思われる。
 正確なことはもうわからないので、あれこれ詮索しても仕方ない。現在まで残る小弓城の姿を少しでも記録に留めようとあちこち歩き回り、数少ない遺構を楽しみつつ大百池を目指すことにした。
京成千原線「学園前」下車 徒歩20分
2002/10/20・2018/02/06 日本城郭大系/新人物往来社
千葉市の戦国時代城館跡/千葉市立郷土博物館