別 名 鹿島城
所在地 千葉県佐倉市城内町
築城者 千葉親胤
築城年 天文年間(1532〜46)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 佐倉城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 佐倉市指定史跡
評 価
 天文年間(1532〜46)に千葉親胤が鹿島幹胤に本佐倉城に代わる新たな居城の築城を命じたが、千葉氏当主が次々と暗殺されるという不運に見舞われたため佐倉城の築城は進まないまま中止となった。慶長15年(1610)に徳川家康の家臣土井利勝が築城半ばのまま打ち捨てられていた佐倉城の工事に着工し完成させた。江戸城の東の守りとして城主は幕府の中枢を担った大名が歴任している。
佐倉城 西出丸跡 北出丸跡
北出丸跡の水堀 北出丸跡の土塁 三の丸跡の空堀
二の丸跡の土塁 本丸跡の空堀 本丸一の門跡
本丸銅櫓跡 本丸跡の土塁 本丸跡の土塁
本丸三階櫓跡 本丸跡 出土した礎石
 佐倉城へ訪れたのは師戸城、臼井城を訪ねたあとだった。既に夕暮れ時で足早にしか歩いていない。もう一度見ておきたいと思い真冬の午前7時過ぎに再訪した。堀の水は凍っているので明け方は相当に冷え込んだらしい。江戸城への入口を固める城でもあり規模は大きく堅固な備えが見られる。馬出は陸軍が駐屯したときに埋められたものを復元したものだが土の城ならではの美しさを感じさせる。
 椎木曲輪には歴史民俗資料館が建設されており城館関係の資料も豊富に揃えられているが、自分はいつも早朝や休館日に訪れているため入館したことがない。日本軍の駐屯地となった時代と公園化による破壊は少なくないのだろうが原型はよく保たれていて出丸を囲む水堀を含めて状態は良い。あまりに寒いので手袋をしながら散策したが早朝の時間帯でも散歩をしている人が多いのに驚いた。本丸の土塁はほとんど完全に残り櫓が建っていた場所には案内板が設置されている。佐倉城は古写真がいくつか残されているので門や櫓の復元は可能だと思う。予算の関係もあるので簡単に実現はできないだろうが近世城郭は建築物があると引き締まって見えるので期待していたい。
京成本線「京成佐倉」下車 徒歩15分
城郭と城下町/小学館・図説房総の城郭/国書刊行会・日本城郭大系/新人物往来社
2007/04/29・2019/01/28