別 名
所在地 千葉県我孫子市根戸
築城者 根戸胤光
築城年 正応3年(1290)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 相馬胤村の三男である根戸三郎胤光が正応3年(1290)に根戸城を築いたと伝わる。その後の根戸城の歴史は不明であるが文明10年(1478)に太田道灌が境根原で千葉孝胤らと戦ったときから翌年の臼井城攻めにかけて根戸城を修築したという。このときに道灌に従った匝瑳氏の持ち城となったのではないかと東葛の中世城郭の著者は考察している。いずれにしても根戸城の確かな歴史は解明されていない。
根戸城 二の郭跡の空堀 二の郭跡の空堀
主郭跡の虎口 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
主郭跡の空堀 主郭跡の虎口 櫓台
 我孫子市の文化財に対する意識は低いと思う。市内の城跡は保存の手も講じられることなく無残に破壊されている。根戸城だけは奇跡的に遺構が守られており案内板まで設置されている。土地所有者のおかげだとは思うが、台地の東側に道路が建設されたときも城跡を削ることなく道路を通している。他の城跡にもこのような熱意と愛情を注いでほしかった。
 はじめて訪れたときはそれほど期待していなかったが、城内に足を踏み入れたとたんにその予想は覆された。主郭を囲む土塁と空堀がとても見事で驚いた記憶がある。中世城郭の魅力は現地で見ないとなかなか伝わらないものだが根戸城の遺構は画像でもその素晴らしさが少しは伝わると思う。北柏駅から歩いて10分程度の場所にこれだけの遺構が残るのは奇跡に近い。土の城が織り成す造形美が感じられ堀底に下りて土塁を見上げるとその美しさに改めて気づくと思う。
JR常磐線「北柏」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・東葛の中世城郭/崙書房出版
2004/01/17・2009/04/12