別 名
所在地 千葉県野田市関宿町
築城者 簗田成助
築城年 長禄元年(1457)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 宅地・農地
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 野田市指定史跡
評 価
 関宿城は長禄元年(1457)に古河公方の重臣簗田河内守成助が築いたとされているが、それ以前から簗田氏は関宿に居館を構えていたらしい。古河公方足利義氏が北条氏との結びつきを強めると簗田晴助は上杉謙信と連携したため永禄11年(1568)に北条氏照の攻撃を受けた。越相同盟が成立すると囲みは解かれたが天正2年(1574)に再び北条氏は山王山砦に布陣して関宿城を攻め落とす。天正18年(1590)に北条氏が滅ぶと関宿城には徳川家康の異父弟松平康元が入城した。近世を通じて譜代大名の居城となり宝永2年(1705)に久世重之が2度目の城主となると明治維新まで久世氏の居城となった。
関宿城 本丸跡 本丸跡
本丸跡 移築城門 関宿城博物館
 みどりの日は自分が10代の頃まで天皇誕生日だった祝日である。なぜかこの日はよく晴れるという印象が強いが、関宿城を訪ねた日も青空が広がっていた。関宿城は交通機関が皆無に近いことと遺構がほとんど残っていないために訪れることがなかったが、学生時代の友人と久しぶりに会い車でのんびりと訪ねることとなった。
 関東屈指の要衝である関宿城はほとんど原型を留めていない。北条氏康をして一国に値すると言わしめた名城の姿としては寂しい。その関宿城はあまりにも遠かった。野田市から延々と北上しようやく関宿城博物館の模擬天守が見えてきたときは胸躍るものがあった。この天守はいい目標物となるが博物館の中は利根川の水運や川辺の暮らしが中心でそれほど面白くなかった。城の展示は少なく頒布されている城館関係の資料もあまりなかったと思う。遺構は予想していたとおりでほとんど何もなかった。中世から幕末まで存続した希有な城のひとつだが河川改修や農地化で遺構は皆無に等しい。水田に浮かぶ本丸に石碑と案内板がある程度だった。探せばもう少し痕跡はあるのだろうが狭い城ならともかく広大な面積を誇る関宿城の遺構を探すのは面倒なのでやめた。城跡は今ひとつだったが春の堤防でのんびり過ごした時間は楽しかった。
東武野田線「川間」下車 朝日バス「境町」行で「関宿城博物館」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・東葛の中世城郭/崙書房出版
2007/04/29