別 名
所在地 千葉県柏市増尾
築城者 相馬師胤
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 増尾城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 増尾城は鎌倉時代に相馬師胤が築いたという伝承があるが、戦国時代の増尾城は小金城主高城氏の家臣平川若狭守の居城だったとされている。天正18年(1590)に豊臣秀吉が北条氏討伐の軍勢を関東へ差し向けると小金城は浅野長政に攻囲され開城しているが、平川若狭守も降伏して退去し増尾城へ戻ることなく鷲野谷へ落ち延びて同地で没したという。
増尾城 二の郭跡の虎口 二の郭跡の空堀
二の郭跡の櫓台 二の郭跡の土塁 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 横堀
 増尾城は城址公園として整備されているおかげで真夏でも楽しんで見ることができた。小ぶりな城ではあるが柏市内ではいちばん遺構がよく残る城だと思う。最初に訪れたのは夏の盛りで樹木が生い茂り城跡散策には適していない季節だったが土塁も空堀も十分に見応えが感じられた。もう一度あの遺構を冬に見ておきたいと思い12ぶりに冬の朝の増尾城を訪ねてみた。
 公園入口から階段を登るとすぐに二の郭の虎口へ至る。巨大な櫓台があり周囲を空堀が廻っている。二の郭は広く石碑と案内板が設置されている。台地先端部にある主郭は南側斜面が崩落のために一部の土塁が欠けているが、それ以外はしっかり残っていた。ここから北側の台地斜面へ降りると主郭と二の郭を囲むようにして低い土塁を廻らせた腰郭とも横堀とも取れる遺構が取り巻いている。全体的に小ぶりではあるが遺構はほぼ完全に残されており公園化による破壊も少なく見やすい城址公園だった。余談になるが増尾城には妙見菩薩が祀られていたため江戸時代に奥州中村藩主相馬家が参勤交代の途中に家臣を派遣して妙見菩薩を代拝させていたという。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 東武バス「南柏駅」行で「上郷」下車 徒歩10分
東葛の中世城郭/崙書房出版・日本城郭大系/新人物往来社
2008/07/20・2020/02/04