別 名
所在地 千葉県流山市前ヶ崎
築城者 高城氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 前ヶ崎城址公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 前ヶ崎城の歴史は必ずしも明確ではなくわずかに残る伝承と古い地名から高城氏の家臣花井氏か田島刑部少輔の居城と推測されている。東葛の中世城郭によると文明10年(1478)に太田道灌が千葉孝胤と戦った境根原合戦では前ヶ崎城も太田軍が兵を入れたと思われ、千葉軍の攻撃により太田六郎と戸張彦次郎が討死したことが本土寺の過去帳に見られる。
前ヶ崎城址公園 主郭跡の櫓台 主郭跡の土塁
主郭跡の虎口 主郭跡の空堀 帯曲輪
二の郭跡の切岸 二の郭跡の堀切 三の郭跡
 名都借城の北西にある城で台地の先端が前ヶ崎城址公園になっている。公園化されているのは一部だが主郭を囲む土塁は良い状態で残されていたのが印象に残っている。それ以外は残念ながら破壊されてしまっているが堀切は道路としてかたちを留めていた。過去2回訪れているが強烈な印象は受けなかった。それからいろいろな城跡を訪ねているうちに前ヶ崎城はまだ城としての保存状態は悪くないと思えるようになった。
 城址公園として保存されている主郭の遺構は概ね良好に残されており案内板も設置されている。二の郭は倉庫などが建ち破壊されているが空堀は確認することができる。三の郭とを隔てる堀切は道路となっているが民家の敷地に郭の面影を残す。東葛地域の城跡はものすごい速度で破壊と消滅が進んでいるが、前ヶ崎城は一部だけでも城跡公園として保存されているので幸運だと思う。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 東武バス「免許センター」行で終点下車 徒歩1分
東葛の中世城郭/崙書房出版・前ヶ崎城跡案内板
2002/05/02・2009/04/12