福島城
 
別 名
所在地 千葉県千葉市緑区大椎町
築城者 平忠常
築城年 平安時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 あすみが丘第8緑地
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 堀切
遠景 二の郭 堀切 虎口
腰郭 主郭 虎口 土塁
 
 温暖な千葉県でも真冬ともなれば寒い。この日は特に寒く早朝は放射冷却で底冷えするような寒さだった。土気城を一度見ておきたかったので最初に訪れた後はその支城をひとつずつ見て歩いた。そのため大椎城へ着いた頃は夕刻近くなってしまった。
 1月半ばなので多少は日没が遅くなっていたが、城跡は杉木立になっているために実際は写真よりも暗かった。遺構はよく残っているので明るい時間に訪れていればもっと楽しむことができただろう。それだけが心残りなのでもう一度訪れてみたい。
 平安時代末期に築かれたという歴史のある城だが、戦国時代に酒井氏が改修を加えたのが今の姿である。郭を仕切る堀切にもやや屈曲が施されていて工夫がされている。すぐ近くまで住宅地が迫っていたが今は緑地公園として保存されているようなので嬉しい。
JR外房線「土気」下車 千葉中央バス「誉田」行で「大椎本村」下車 徒歩10分
2010/01/18 日本城郭大系/新人物往来社
図説房総の城郭/図書刊行会