別 名
所在地 千葉県野田市山崎
築城者 岡部長盛
築城年 天正18年(1590)
廃城年 天正19年(1591)
現 状 海福寺・宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 天正18年(1590)に北条氏を滅ぼした豊臣秀吉は徳川家康を関東へ移封させた。家康は江戸城を居城と定め家臣たちもそれぞれ知行を割り当てられた。岡部内膳正長盛は下総で1万2千石を与えられ山崎城を築いたが翌年に堤台城を築いたため山崎城は廃城となった。長盛は少年の頃から家康に仕え様々な戦いに従軍し武功を挙げた勇者である。父の正綱は今川義元の家臣であり駿府に人質として暮らしていた少年期の家康とは同い年ということもありとても親しかったらしい。今川氏の家臣たちは人質の家康に対してつらく当たる者も多かったので家康にしてみれば正綱は数少ない頼れる人物だったと思う。今川氏が滅ぶと正綱は武田氏に仕え三方ヶ原の戦いでは家康と敵として戦っている。今川氏と武田氏に対して最後まで忠誠を貫いた生き様と少年時代の思い出も相まって家康は正綱を召し抱え重用した。長盛が家康に信頼されたのも父親の面影を残していたからであろう。家康が天下人となってからも長盛は丹波亀山、福知山、美濃大垣といった要衝を任されており子孫も和泉岸和田城主となっている。
 山崎城はたった1年間で廃城となった短命な城である。岡部長盛は1年で2つの城を築いたということになるが、長盛の入封する以前から山崎には旧領主の城館があってそれが手狭に感じられて堤台城を築いたのではないかと想像する。
 少しでもその痕跡を探ろうと思って歩いたが海福寺や梅の台公園の土地がやや高くなっている他は何もなかった。強いて言うなら中心に向かって微妙ではあるが登り坂となり梅郷駅への帰路は緩やかな下り坂となっていた。海福寺境内には山崎城との関わりを記した案内板もなかったが寺院への寄付を施した人たちの名を刻んだ記念碑があり、そこに開基した岡部長盛の末裔の名が筆頭として刻まれていた。
東武野田線「梅郷」下車 徒歩15分
東葛の中世城郭/崙書房出版
2018/4/23