別 名
所在地 千葉県鎌ヶ谷市中佐津間
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 佐津間城の歴史はわかっていないが鎌倉時代は相馬氏の所領であったことが確認されている。その後は相馬一族の岡田氏による支配が室町時代の終わり頃まで続くが戦国時代になると松戸市を地盤とした高城氏に浸食されている。いつの時代にどの勢力が佐津間城を築いたのかはわからない。
案内板 散策路入口 主郭跡の虎口
主郭跡 主郭跡の土塁 主郭跡の空堀
主郭跡の土橋 二の郭跡の土塁 三の郭跡の土塁
 鎌ヶ谷市内にある佐津間城と中沢城という2つの城館跡を訪ねるために東武野田線に乗り込んだ。どちらも駅からの距離は遠くはなくちょうど良い散歩となった。鎌ヶ谷市の2つの城館に残る遺構については野馬除けの土塁という説がある。実際にそれを確かめてみたくなり訪れたが佐津間城を歩いてみて現地で感じた印象はやはり城跡ということだった。放牧用の牧とするにはやや狭すぎるように思う。城跡は藪が多くゴミが散らかっていたが遺構はよく残っている。
 本来であれば東側の台地麓から案内板を見て登るのが常道だが、自分は南端の大宮大神を見てから主郭西側の藪から入っている。いきなり主郭へ乗り込んだわけだが土塁と空堀がとてもよく残されていた。虎口も確認することができてどう考えても城だろうと思いながら城内を散策したが、前述のようにゴミが多く散乱しており中には便器まで捨てられていたのには閉口した。この後は道野辺八幡宮に残る中沢城を訪ねて鎌ヶ谷市内の城館は完全制覇である。どちらの城にも案内板があることには好感を覚えた。
東武野田線「六実」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・東葛の中世城郭/崙書房出版
2009/04/26