別 名 松渡城
所在地 千葉県松戸市松戸
築城者 原助景
築城年 寛正6年(1466)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 千葉大学・戸定が丘歴史公園
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 松戸に城があったと友人に話したら驚かれたことがある。松戸駅から常磐線に沿って南下すると千葉大学と戸定が丘歴史公園がある丘があるが、この一帯には城山や根古屋といった城郭地名が残っていたそうで古くから城跡として認識されてきた。寛正6年(1466)に千葉氏の一族原信濃守助景が室町幕府の将軍足利義政の命により松戸城に立て籠ったというのが歴史上の初見である。天文7年(1538)の国府台合戦では北条氏が拠点とし天正10年(1582)の時点では小金城主高城氏の一族高城筑前守胤正が在城していた。天正18年(1590)の小田原征伐では高城一族は小田原城に詰めており北条氏の滅亡とともに松戸城は廃城となった。その後は徳川家康の旗本高木正次が松戸に陣屋を置き松戸城跡に屋敷を構えている。
松戸城 戸定邸入口 戸定邸
曲輪跡 櫓台 松戸城からの眺望
 この頃は千葉県内に残る城館跡の再訪ばかりしていた。世間は新型コロナウイルスに震撼し関東地方でも日を追うごとに感染者が増えていた。家の中でじっとしていても毎日出勤していればどこかで罹患するのは避けられないし、面白おかしく報道して飯のタネにしようとするマスコミの姿勢にも辟易する。好きなことを我慢してストレスを溜めるぐらいならと松戸市へ出かけてみた。
 松戸城の中心部は千葉大学園芸学部の敷地となっているため遺構はほとんど残っていない。土塁や空堀がわずかに残っているらしいが学校関係者以外立入禁止となっていたので戸定が丘歴史公園を中心に歩いた。この公園は戸定邸や資料館へ入らなければ入園無料である。ちょうど梅の時期でもあり美しい庭園を眺めながら散策できるのはありがたかった。フェンスの向こう側に空堀と櫓台が見えるので手を伸ばしてフェンス越しに撮影している。戸定は外城の転訛とされるのでここは外郭に相当するのだろう。歴史公園とはいうものの松戸城についての解説は一切見当たらないのが少し残念だった。
JR常磐線・新京成線「松戸」下車 徒歩15分
東葛の中世城郭/崙書房出版・日本城郭大系/新人物往来社・房総の古城址めぐり/有峰書店新社
2002/04/18・2020/02/18