福島城
 
別 名
所在地 千葉県野田市関宿町
築城者 簗田成助
築城年 長禄元年(1457)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 農地
遺 構 郭・土塁・水堀
移築建造物
再建建造物 三階櫓
史跡指定 野田市指定史跡
備 考
評 価
本丸 石碑
遠景 本丸 関宿城博物館
 
 関東屈指の要衝である関宿城はほとんど原型を留めていない。北条氏康をして一国に値すると言わしめた名城の姿としては寂しい。中世から明治維新を迎えるまで存続した希有な城のひとつだが、河川改修や農地化で遺構は皆無に等しい。
 関宿城はあまりにも遠かった。交通手段も実質ないのと同じで電車とバスを乗り継いだらどれぐらい時間がかかるかわからない。古い友人と訪れる機会を得たのはよく晴れた祝日のことだった。嫌でもあの眩い天守が目に入る。城跡を目指すにはいい目標物となるが、中身の博物館は水運とか川辺の暮らしが中心で面白くなかった。城の展示は少ないし頒布されている資料も城関係はあまりなかったと思う。
 遺構は予想していたとおりでほとんど何もなかった。水田に浮かぶ本丸に石碑と案内板がある程度だった。探せばもう少し痕跡はあると思うが、狭い城ならともかく広大な面積を誇る関宿城の遺構を探すのは面倒なのでやめた。気持ちの良い春の堤防でのんびりできたことのほうが楽しかった。
東武野田線「川間」下車 朝日バス「境町」行で「関宿城博物館」下車 徒歩10分
2007/04/29 日本城郭大系/新人物往来社
東葛の中世城郭/崙書房出版