別 名 龍牙城
所在地 千葉県八千代市米本
築城者 村上氏
築城年
廃城年 文明11年(1479)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 米本城主の村上氏は千葉氏に仕えていた武士で出自についてはよくわからないが、千葉氏の通字である胤を用いていないことから千葉氏の一族ではなく他所から来た武士だと思う。妙見社が残ることから古くは千葉氏に連なる武士の居城だったのかもしれない。米本城は太田道灌の攻撃で落城し村上綱清は城外へ逃れて自刃したという伝承があるが道灌の在世に綱清は生まれていない。永禄元年(1558)に上杉謙信に呼応した里見の軍勢に攻められて米本城を退去したと考えるべきだろう。
米本城 大手跡の土塁 大手跡の土塁と案内板
四の郭跡の土塁 三の郭跡の虎口 三の郭跡の土塁
三の郭跡 三の郭跡の空堀 二の郭跡の土塁
 以前の米本城は雑木と藪がひどかったらしいが、自分が訪ねたときはちょうど雑木が伐採されたあとで気分良く歩けている。案内板も設置され遺構もよく残っているが、惜しまれるのは主郭と二の郭が破壊されていることだった。
 広大な城域を誇る城郭だったが前述のように主郭と二の郭の大部分が削り取られている。規模こそ異なるが横芝光町の坂田城とそのかたちが良く似ていると思った。北側に大手があり案内板で縄張りを確認しつつ城内を歩いてみた。必然的に三の郭と四の郭が中心となるが見応えは十分だった。二の郭北側の土塁はまだ残されているがこれがすべて残っていたらという気持ちになる。
東葉高速鉄道「八千代中央」下車 東洋バス「米本団地」行で「米本」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・房総の古城址めぐり/有峰書店新社・米本城跡案内板
2015/02/25