福島城
 
別 名 市川城・鴻之台城
所在地 千葉県市川市国府台
築城者 太田道灌
築城年 文明10年(1478)
廃城年 戦国時代
現 状 里見公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
遠景 土塁 堀切
 
 江戸川に面した里見公園一帯が城跡であり公園入口に城址碑と案内板が設置されている。名将太田道灌による築城とされるが、それより前に原型となる城が築かれていたものと思う。戦国時代には北条氏と足利氏、里見氏が二度に亘り激戦を繰り広げた要衝だが、里見公園を訪れる人たちのほとんどはここが城跡だとは思っていないだろう。里見氏の領国からは遥か離れた場所なのに里見公園と呼ばれているのが面白い。
 国府台城にはなぜかよく訪れている。最初に訪ねたのは中学時代の遠足だったはず。市川周辺は歴史と文学の散歩コースが整備されており、周辺には国府台合戦にまつわる史跡や文学碑もあって散策する人の姿を多く見かける。城跡の遺構も残っているほうだと思うし、何より冬晴れの日の江戸川堤防を歩くのは心地よい。
京成本線「国府台」下車 徒歩15分
2002/05/25・2010/01/17 日本城郭大系/新人物往来社
東葛の中世城郭/崙書房出版