別 名 千葉城
所在地 千葉県千葉市中央区亥鼻
築城者 千葉常重
築城年 大治元年(1126)
廃城年 文明16年(1484)
現 状 亥鼻公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 模擬天守
史跡指定
評 価
 大治元年(1126)に名門千葉氏の居城として千葉常重が築いたとされる亥鼻城だが、最近では平安時代の築城説は否定されている。とは言っても付近には千葉氏の居館跡とされる場所がいくつかあるので亥鼻城の歴史も相当に古いものと思われる。康正元年(1455)に馬加康胤に急襲され千葉氏宗家は衰退してしまう。再興された千葉氏は本拠地を本佐倉城へ移したために亥鼻城はその役割を終えた。
亥鼻公園 堀切 腰曲輪
千葉市立郷土博物館 千葉常胤像 曲輪跡
 亥鼻城とはうまく名づけたもので本当に猪の鼻づらのようなかたちをした台地上に築かれている。台地上は亥鼻公園となり壮麗な模擬天守が建てられ千葉市立郷土博物館として利用されている。モデルになったのは小田原城だろう。江戸時代には存在しなかった城に天守も何もあるわけがないのだが千葉市発展の礎でもある地なので何かしらのモニュメントがあるのは良いことだと思う。
 ほとんど何も残っていない城跡ではあるが自分の中で久しぶりに訪れてみたい気分が高まってきた。遺構は本当に少ないし見るべきものもほとんどないが何となく好きな城跡というのがあり、亥鼻城もそんな城跡のひとつとなっている。唯一の遺構と言っていい主郭の土塁を見たあと郷土博物館に入ってみた。入館無料だが展示物は充実している。
JR外房線「本千葉」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・千葉市の戦国時代城館跡/千葉市立郷土博物館
2002/10/20・2018/02/06