別 名
所在地 千葉県柏市松ヶ崎
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 柏市指定史跡
評 価
 歴史はまったくわかっていない城だが室町時代には高田の領主だった匝瑳氏の所領であったことは確からしい。匝瑳氏といえば坂東平氏の流れを汲む名族で現在の匝瑳市を地盤としていた一族である。その末裔がかなり離れた柏市で所領を得ており戦国時代には高城氏の家臣団に匝瑳氏の名が見えるが、松ヶ崎城と匝瑳氏との直接的な関わりを示すような文献や伝承はない。
松ヶ崎城 松ヶ崎湧水 腰曲輪
二の郭跡の土塁 二の郭跡の櫓台 主郭跡
主郭跡の虎口 主郭跡の土塁と空堀 三の郭跡
 松ヶ崎城をはじめて訪れたときは整備される前の薄暗い杉林だった。雑木と雑草に埋もれた松ヶ崎城はとてもよく残っていたことを思い出す。北柏駅から歩いてすぐの丘上にほとんど手つかずのまま中世の城が残されていることに驚いたものだった。
 柏市の文化財指定を受けたまでは良かったが、それも束の間で重機が入り土塁が削られて堀が埋められるという出来事があった。テレビの情報番組でも扱われたので覚えている人もいると思う。どのようになってしまったかを確かめたくて再び松ヶ崎城へ訪れたのだが、雑木が伐採され草刈りがされたのは良いが土塁を削った土で空堀が埋まっていた。土地所有者がいたのでいろいろと話をしたが柏市も所有者もお互いにいろいろと大変だったことを痛感させられた。報道はどちらかを悪者にする手法を用いるために真実が伝わらないことがよくわかる。それは東日本大震災のときも変わらなかった。
 前向きに捉えれば雑木が伐採されて見学しやすくなったと解釈したい。今はどうなっているかわからないが真夏でも見学可能だろう。おそらく松ヶ崎城跡を訪ねることはもうないだろうが、整備前の荒々しい姿を見ることができたのは幸いだったし整備後のすっきりとした姿もそれはそれで楽しむことができたと思う。最近の様子を航空写真で見ると四の郭は宅地に呑み込まれ三の郭にまで浸食は及ぼうとしている。史跡指定の意味についていろいろ考えさせられる城だった。
JR常磐線「北柏」下車 徒歩10分
東葛の中世城郭/崙書房出版
2004/01/17・2009/04/12