別 名
所在地 千葉県柏市藤心
築城者 本多正重
築城年 元和2年(1616)
廃城年 明治元年(1868)
現 状 農地
遺 構
移築建造物 陣屋門
再建建造物
史跡指定
評 価
 徳川家康の謀将本多正信の弟正重は兄とは違い武骨な三河者で織田信長からも激賞されたほどの勇士だったという。三河一向一揆では兄正信とともに家康に敵対し、その後も徳川家を出奔して他家に仕えているがいずれも帰参を許されているから家康も疎ましく思いつつ可愛くも思っていたのだろう。槍働き一筋で官位も固辞していた正重に対して家康は下総相馬郡で1万石を与え大名とし舟戸藩が立藩し領内支配のために代官が置かれたのが藤心陣屋である。
 12年ぶりに柏市に残る城館を訪ねた。主な目的は増尾城と幸谷城の再訪だった。幸谷城については民家の敷地内に遺構があるために見ることができなかったが、今ではナショナルトラスト運動が実り市民の森のような形態で遺構が保存され誰もが見学できるようになった。その遺構をぜひ見ておきたいと思い始発に乗り込んで出かけた。増尾城に着いたときはまだ暗かったが幸谷城は陽射しが降り注ぐ中で散策を楽しんでいる。そこからは幹線道路沿いに残る城館探訪を続けることにした。
 広大な農地に物置が置かれ横に藤心陣屋の石碑と案内板が建っていた。この案内板が藤心陣屋の歴史について簡潔ながらも要点を抑えて記してあり助かった。遺構は移築された門が残されているというが遠回りするのが億劫で見ていない。遺構はないとされるが土塁ではないかと思えるような土手が残り細い水路が流れている。
東武野田線「逆井」下車 徒歩20分
藤心陣屋跡案内板
2020/02/04