別 名
所在地 千葉県佐倉市寺崎
築城者 千葉胤将
築城年 康正元年(1455)
廃城年
現 状 密蔵院
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 康正元年(1455)に千葉氏宗家を乗っ取った馬加康胤は亥鼻城が戦火で炎上したため寺崎城に入り、文明16年(1484)に子の輔胤が本佐倉城を築くまで寺崎城を居城としたという。寺崎城はそもそも存在しなかったという説が根強く日本城郭大系でも寺崎城は収録されておらず太田用替城の説明の中で寺崎城にまつわる伝承に触れているに過ぎない。この解説文はかなり無理があり寺崎の地名はここにしかないので伝承通り寺崎城はこの場所とするしかない。
寺崎城 城址碑 土塁
土塁 切岸 寺崎城からの眺望
 寺崎城は2度訪れている。いずれも春爛漫の気持ちのよい日だった。車を走らせていると丘の麓によく目立つ寺崎城跡の旗が手招きをしている。丘の上へ続く坂を登ると密蔵院へと着いた。確かに城跡らしい地形をしているし石碑も建てられているので地元では城と認識しているのだろう。
 密蔵院のある丘は眺望もよく四方を見渡すことができる。佐倉城もなかった時代にこの丘に築城するのは自然の流れだと思える。境内と周辺の農地には土塁も残されていることもあり自分は寺崎城の存在を信じたい。城跡から眺める水田は日本人なら誰でも心が落ち着かされる風景だろう。2度目の訪問時に帰りのあぜ道では最近急激に減った蛙の大合唱が聞こえた。
JR総武本線「佐倉」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・寺崎城跡碑文
2007/04/29・2009/05/04