別 名 用替ヶ丘城・太田砦
所在地 千葉県佐倉市太田
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 伝承では千葉常胤が陣屋を構えたということになっているが実際のところは何もわからない。ここを誰が守り誰と戦ったかということは何も伝えられていない。日本城郭大系はかなり強引に千葉氏を滅ぼした馬加康胤が居城とした寺崎城を太田用替城のこととしているが、寺崎と太田は隣り合う土地とは言えこの小さな城を居城とすることはなかっただろう。
太田用替城 主郭跡の土塁 主郭跡の土塁
主郭跡の空堀 主郭跡の土塁 麻加多神社の土塁
 久しぶりに佐倉市の城を訪ね歩いた。前回は本佐倉城の支城を中心に歩いているがそれからもう5年も経過している。歳月が流れてゆく速度が年齢を重ねるごとに加速していく。元気で歩き回れるうちにいろいろな城を見ておきたいと思う。
 佐倉城をじっくりと見て回ったために太田用替城へ着いたのは9時を回っていた。鉛色の空から太陽が顔を出すことはなく足もとに気を遣いながら薄暗い藪の中を歩いていった。標高の低い千葉県は温暖なので氷点下を下回ることがあまりないのだろうか、真冬でも青々とした雑草が生い茂っているのが常である。この城はまだ竹林がないだけ歩きやすいとは思うが遺構を確認できる時期は限られる。
 藪に足を取られつつ主郭を歩くと土塁がはっきりとわかる。東側は空堀を挟んで二重土塁となっているので室町時代にその起源を求めるのが妥当と思える。北側に竪堀が二つ並んでいるらしいが藪がさらにひどいので行かなかった。苦労しつつ最初に来た地点に戻ると谷へ下りる道が痕跡を留めているのがわかった。そちらには下らずに麻加多神社まで来てみると境内には参道や社殿の造成とはやや異なる土塁がある。このあたりまでが城域なのかもしれないと思いつつ神社の脇から台地下へ続く坂道を下りた。
JR総武本線「佐倉」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社・房総の古城址めぐり/有峰書店
2019/01/28