別 名
所在地 千葉県佐倉市小篠塚
築城者 千葉氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 正慧寺
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 歴史ははっきりとしていないが鎌倉時代以降に千葉氏の砦が築かれたと考えられている。享徳の乱で室町幕府と対立を続けていた足利成氏は関東管領山内上杉氏が派遣した長尾景信の攻撃で文明3年(1471)に古河城を追われ本佐倉城主の千葉孝胤を頼り小篠塚城に拠った。文明11年(1502)に古河公方足利政氏と千葉孝胤は不和を生じ政氏は小篠塚城に入り本佐倉城を攻めている。
城址碑 土塁 二の丸跡の土塁
本丸跡 本丸跡の土塁と空堀 本丸跡の空堀
 小篠塚城は規模こそ小さいが良い遺構が残るというので訪ねてみた。丘へ上がる途中に立派な城址碑が建っていたので期待も高まったが城跡は整備という名目の破壊が行なわれた後だった。土塁は低く堀は浅く散策路はアスファルトで舗装されてしまっている。実際に訪れてみるとやはりがっかりする結果が待っていた。重機が入るとこうなってしまうという見本のような整備である。土塁は削られて舗装された堀跡を歩くのは味気ないものだったが、郭のかたちがわかりやすくなったと好意的に解釈しながら小篠塚城の遺構を眺めつつ歩いた。
JR総武本線「物井」下車 徒歩40分
房総の古城址めぐり/有峰書店新社・日本城郭大系/新人物往来社・Webサイト/正慧寺ホームページ
2009/05/04