別 名
所在地 千葉県佐倉市臼井
築城者 臼井興胤
築城年 南北朝時代
廃城年 慶長9年(1604)
現 状 臼井城址公園
遺 構 郭・石垣・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平常兼の子の臼井六郎常康が臼井氏の祖だが臼井城の本格的な築城は南北朝時代の臼井興胤の頃と考えられている。臼井城は幾度も戦いの舞台となり文明10年(1478)に太田道灌の庇護を受けた千葉自胤に境根原合戦で敗れた千葉孝胤が臼井城に籠城し、長期に亘る籠城戦の末に城兵が出撃し太田道灌の弟資忠が討ち取られている。永禄4年(1561)には上杉謙信と結んだ里見氏の軍勢が臼井城を攻め落としているが、若年の臼井久胤は北条氏と気脈を通じた重臣原胤貞の専横を許していた状態であったという。久胤が結城氏を頼り退去した後は原氏の城となり永禄9年(1566)には上杉謙信と里見義弘の猛攻を退けている。天正18年(1590)に北条氏が滅ぶと原氏も没落し徳川家康の家臣酒井家次が3万石で城主となるが、慶長9年(1604)に酒井氏は上州高崎城主となり臼井城も廃城となった。
臼井城 二の丸跡 二の丸跡の土橋
本丸跡の空堀 本丸跡の空堀 本丸跡の石垣
本丸跡の土塁 腰曲輪 三の丸跡の土塁
三の丸跡の太田資忠墓 大手跡の土塁 臼井城からの眺望
 臼井城は好きな城で3度訪れている。印旛沼周辺の風景が好きなことも影響していると思う。臼井城は公園になっているが遺構は良い状態で残っている。広大な台地上は駅から近いこともあり住宅が建ち並んでいるが中心部は城址公園として保存されている。
 三の丸は宅地ばかりになっているがよく探せば遺構が見つかるし、二の丸と本丸は公園として保存されているのでいつ訪れても見事な遺構を目にすることができる。本丸の空堀は見事で一部にわずかながら石垣が積まれている。城址公園から少し離れてはいるが県道沿いに大手の土塁が残っている。
京成本線「京成臼井」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/11/02・2007/04/29・2015/03/05