別 名
所在地 千葉県柏市箕輪
築城者
築城年
廃城年
現 状 手賀沼病院
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 箕輪城周辺は鎌倉時代から相馬氏の所領であったが、相馬氏と箕輪城の関わりを示す史料や伝承は残っていない。戦国時代には戸張弾正の家臣高城伊勢守の居城であったと伝わる。
箕輪城 主郭跡の空堀 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 二の郭跡の土橋
 昭和50年代に訪れていれば完全な状態で残る箕輪城を見られたかもしれない。手賀沼病院がいつ建設されたのかは知らないが自分が訪ねたときにはもう半分ほどしか残っていなかった。それでも半分残っていたのだが今はほとんど破壊されてしまった。
 この日は学生時代の友人と訪れている。城郭ファンではないのでなるべく目に見える遺構が残る城か標柱と案内板がある城を選んだ。箕輪城は藪の状態が心配だったが訪れてみるとそれほど藪はなく蜘蛛の巣も少なかった。病院の駐車場に車を置いて台地の東半分を探索したが、思っていた以上に遺構を楽しむことができた。錆ついた標柱と土塁が今も懐かしく思い出される。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 阪東バス「東我孫子車庫」行で「新箕輪」下車 徒歩15分
東葛の中世城郭/崙書房出版
2008/07/20