福島城
 
別 名
所在地 千葉県鎌ヶ谷市中佐津間
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 空堀
三の郭 土塁 二の郭 土塁 主郭 土橋
主郭 土塁 主郭 虎口 主郭
 
 佐津間城の遺構は城館ではなく野馬除けの土塁という説がある。実際にそれを確かめてみたくなり訪れたが、現地で受けた印象はやはり城跡ということだった。放牧用の牧とするには狭すぎるように思う。城跡は藪が多くゴミが散らかっていたが遺構はよく残っている。
 歴史はわかっていないが鎌倉時代には相馬氏の所領であったことが確認されている。相馬一族の支配は室町時代の終わり頃まで続くが、戦国時代になると松戸市を地盤とした高城氏に浸食されている。いつの時代にどの勢力が佐津間城を築いたのかはわからない。
東武野田線「六実」下車 徒歩15分
2009/04/26 日本城郭大系/新人物往来社
東葛の中世城郭/崙書房出版