別 名
所在地 千葉県柏市布瀬
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林・農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 歴史はまったく伝わっていないが中世の布施集落は岩松氏の所領だったという。岩松氏といえば新田氏から出た源氏の名門であり戦国時代には太田金山城主となった家柄だが下総にも所領があり配下の豪族が統治していたらしい。松前館が誰の居館であったのかまでは解明できていないようだった。
 旧沼南町の布施地区に散らばる城館跡を訪ねてみた。手賀沼に近い複雑な丘陵地帯が形成されていたが道路建設や農地への転用によって地形が大きく変わっている。松前館があった舌状台地も大きく削り取られてしまっていた。
 前述のように土地の改変によってほとんどが削り取られており、台地の東端にあたる部分ぐらいしか残されておらず遺構は残されていないということだった。昭和の時代に撮影された航空写真を見ると中心部が大胆に削られていることがわかるが、その外郭線は今も残っているようにも見えるし布施館から松前館へ歩く途中に土塁が見られるが、これこそ松前館の西端の土塁ではないかと直感した次第である。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 東武バス「布施」行で「新堀」下車 徒歩10分
東葛の中世城郭/崙書房出版
2020/02/22