福島城
 
別 名 道野辺館
所在地 千葉県鎌ヶ谷市道野辺中央
築城者 中沢氏
築城年
廃城年 天正3年(1575)
現 状 道野辺八幡神社
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁と空堀
 
 平将門が出城を築いたとされる場所で戦国時代に落城したという伝承が残る。発掘調査では城と断定できる遺物は発見されていない。落城悲話として戦いに敗れトウモロコシ畑に隠れていた中沢壱岐守が風で揺れたトウモロコシの葉音を敵の襲来と思い込み自刃したという逸話が伝わり、その後もこの地区ではトウモロコシを栽培しないという話がある。似たような話は千葉県だけでなく他の地域にもある。内容はどれも同じようなもので老兵が咳をして敵に見つかってしまったとか、なついていた鳥が潜んでいた姫に群がり見つかるなどである。
 道野辺八幡宮の参道脇にはそれらしい遺構があるし八幡宮の由緒書きには中沢城の鬼門除けと記されていた。遺構は近世の野馬除けと断定されているが、案内板に中沢城の名があるだけでも印象が違う。真偽は別として伝承はずっと語り継いでほしいと思う。そうでなければ中沢城の逸話も途絶えてしまう。
東武野田線「鎌ヶ谷」下車 徒歩10分
2009/04/26 東葛の中世城郭/崙書房出版
房総の古城址めぐり/有峰書店新社