別 名 高野館・高野御殿
所在地 千葉県柏市布瀬
築城者
築城年
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 布施高野城は平将門の別荘が営まれ高野御殿と呼ばれていたという伝承が残されている。将門と結びつけるのは少々無理があるのかもしれないが、将門の後裔を称した相馬氏の所領となった時代があるのかもしれない。また千葉氏一族の円城寺氏の所領となったとも伝わるが確証は得られていないという。方形居館から発展した城館と思われるがその最盛期はいつの時代なのか遺構は何も語ってはくれない。
虎口 土塁 土塁
土塁 虎口 土塁
 柏市藤ヶ谷を手始めとした城館探訪も少しずつ手賀沼へと近づき布施集落に点在する城館の散策は佳境を迎えていた。ここまでほとんど地形を観察するような作業に終始しており城跡らしい遺構にはあまりお目にかかれなかったが、布施高野城まで来てようやくはっきりとした遺構を目にすることができた。
 まず探し当てるのが大変になるだろうと思っていたがそれは杞憂に終わった。道沿いからはっきりと土塁と空堀が見えたのであとは車を停めて内部を探索するだけだった。竹林となっているが竹藪になるまでには至っておらず比較的歩きやすかった。道路沿いから確認できる遺構がもっとも明確であり方形区画の内部は撮影しても竹林にしか見えない。郭内が低く造られているが佐倉市に所在し今は破壊されてしまった臼井屋敷と同じような造りと言える。大げさに言えば穴城と呼ばれる長野の小諸城のような感じである。目に見える遺構に飢えてきたこともありかなり時間をかけて歩いてみた。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 東武バス「布施」行で「新堀」下車 徒歩5分
東葛の中世城郭/崙書房出版・日本城郭大系/新人物往来社
2020/02/22