別 名
所在地 千葉県流山市名都借
築城者
築城年
廃城年
現 状 廣寿寺・宅地
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 城山地区には高城氏の邸宅があることから名都借城は高城氏の属城と考えて良いと思う。大永7年(1527)に古河公方の重臣梁田氏の軍勢が名都借要害を攻撃しており梁田氏の家臣鮎川美濃守に宛てた足利高基の感状が残っている。このことから名都借城が当時は小弓公方足利義明に属する勢力の持ち城となっていたことがわかる。それ以前には室町時代に高知尾氏が名都借の地にいたことが確認できるが名都借城との関係は特定できない。
名都借城 廣寿寺 腰曲輪
 名都借城は前ヶ崎城の台地続きということもあり過去に2度立ち寄っている。下から見上げると城跡らしく見えるが、廣寿寺の境内を散策していると少しずつ城跡という感覚が薄らいでしまう。廣寿寺の北側にある民家は城山という小字で呼ばれており遺構は人知れず眠っているらしい。
 廣寿寺境内の微妙な土の盛り上がりは土塁と捉えるべきか植栽によるものなのかわからなかった。城郭遺構と言えるのは西側斜面に残る腰郭ぐらいだったが遺構が残るとされる場所は民家のために入るわけにもいかず多少の消化不良を感じつつ立ち去った。
JR常磐線「南柏」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/05/02・2009/04/12