別 名 市川城・鴻之台城
所在地 千葉県市川市国府台
築城者 太田資忠
築城年 文明11年(1479)
廃城年
現 状 里見公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 国府台城は康正2年(1456)に馬加康胤の反乱で亥鼻城を追われた千葉実胤と自胤兄弟が築いたとされる。この城は市川城と呼ばれ国府台城ではなく弘法寺のある丘に築かれた城とする説があり、国府台城は文明10年(1478)に太田道灌もしくは翌年に道灌の弟資忠が築いたということが一般的に流布されている。戦国時代には北条氏と足利氏、里見氏が二度に亘る国府台合戦で激戦を繰り広げた要衝であった。
江戸川と国府台城 堀切 井戸
里見軍将兵の慰霊碑 櫓台 土塁
土塁 土塁 堀切
 江戸川に面した里見公園一帯が城跡であり公園入口に城址碑と案内板が設置されている。はじめて訪ねたのは中学時代の遠足だった。ちょうど松田聖子主演の野菊の墓が上映されたときで市川周辺の歴史と文学の散歩コースを歩かされたことを覚えている。周辺には国府台合戦にまつわる史跡や文学碑もあり散策する人の姿を多く見かける。里見公園を訪れる人たちのほとんどはここが城跡だとは思っていないだろう。里見氏の領国からは遥かに離れた場所なのに里見公園と呼ばれているのが面白い。
 京成本線の国府台駅から江戸川の堤防を歩いて15分ほどで里見公園へ着く。ここまでの道はとても気持ちが良いし景色も綺麗である。おそらく4回ぐらいは訪れているはずだが最後の訪問のことしか記憶に残っていない。公園化により原型を掴むのは少し難しいが土塁はよく残っているし里見軍の慰霊碑など見るべき点も多い。何より冬晴れの江戸川から吹きつける風が冷たくも気持ちよかった。
京成本線「国府台」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・東葛の中世城郭/崙書房出版
2002/05/25・2010/01/17