福島城
 
別 名
所在地 千葉県柏市大井
築城者 坂巻若狭守
築城年 平安時代
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 空堀
二の郭 主郭 土塁と空堀 主郭 土塁
 
 大津川を挟んで戸張城と向き合うような台地上に築かれている。大井追花城と戸張城の城主はとても仲が悪かったという。領地が接しているのだから当然だが、あるときの戦いで組み打ちし互いに落馬しながらも揉み合い、どちらかが相手の鼻を食いちぎったという凄まじい逸話が残る。伝承がどこまで本当かは知らないが、昭和の時代まではこの二つの集落は仲が悪かったらしい。
 遺構は良い状態では残っていない。主郭には鉄塔が建つのでこれ以上の破壊はないかもしれないが、二の郭は私有地のために立ち入れない。主郭へ登るのにコンクリートの壁からよじ登ったが、せり上がった瞬間に額に堅い物がぶつかった。額を抑えながら下を見るとクワガタが仰向けで転がっていた。額にはうっすらと血が滲んでいた。鼻をちぎられなくて良かったと思う。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 阪東バス「大津ヶ丘団地」行で「エリカ前」下車 徒歩20分
2008/07/20 東葛の中世城郭/崙書房出版
房総の古城址めぐり/有峰書店