別 名 北小弓城
所在地 千葉県千葉市中央区生実町
築城者 原氏
築城年 文明年間(1469〜86)
廃城年 元和6年(1620)
現 状 重俊院・宅地
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 生実城は小弓公方に小弓を奪われた原氏が北条氏の支援を受けて築いた城とされるが、2つの城は室町時代にはすでに並立していたことが明らかになりつつある。天正18年(1590)に北条氏が滅ぶと徳川家康の家臣西郷家員が生実城を与えられた。近世を通して生実藩の支配地となり森川重俊が生実城の一角に陣屋を構えて明治維新に至っている。
生実城 城址碑 重俊院
大手跡の土塁 土塁 土塁
土塁 主郭跡 加藤曲輪跡
 はじめて生実城を訪れたとき日はとっぷり暮れて真っ暗闇に近い中で土塁と空堀を見た。それから再訪までに16年の歳月が流れた。小弓公方の居城でもあり早く再訪したかったが、中途半端に遠いのと遺構はほとんど壊滅状態にあることで二の足を踏んでいた。普段から北関東ばかりへ出かけているものだから時々ふと房総へ出かけたくなるときがある。ちょうどそんな気分になり久しぶりに生実城を訪ねた。
 一度は歩いてみたかった湊を抑える浜野城から歩いて生実城までやってきたがそれほど遠くなく散歩にはちょうど良い距離だった。とにかく寒い日だったが雲ひとつない青空の下で生実城を歩くのはとても楽しい時間となった。前回は漆黒の闇の中だった生実神社周辺の遺構も十分に見て回ることができ重俊院や大手口の土塁に加藤郭なども回ってみた。さすがに公方の居城だけあって広い。これだけの面積を守るには相当の人員が必要となったことだろう。遺構はわずかしか残っていないが退屈することのない楽しい一日を過ごすことができた。
京成千原線「学園前」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・千葉市の戦国時代城館跡/千葉市立郷土博物館
2002/10/20・2018/02/06