福島城
 
別 名
所在地 千葉県柏市戸張
築城者 戸張行常
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 柏学園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
二の郭 空堀
遠景 二の郭 虎口 二の郭 土塁
 
 真夏のよく晴れた日に戸張城跡へ訪れた。城跡は文京区立柏学園の敷地となっていたが、もうほとんど使用されていないようだった。校舎が主郭と二の郭に跨って建てられているためかなり破壊も見られるが、二の郭の土塁と空堀は良好に残っていた。学校の敷地内であるため無断で立ち入るのも良くないのでフェンスごしに見られる範囲のみ撮影している。そのため主郭は見ていない。
 空堀は夏草に埋もれていたが、かたちははっきりと確認できたので冬場に訪れればもっと良い状態を観察できるだろう。土塁は規模も大きく基底部の幅も立派なものだった。せっかくの文化遺産だからいつでも散策できるようにしてほしいと思う。
 戸張城には伝承が残っている。戦国時代の城主だった戸張弾正は大井追花城の高城某と犬猿の仲だった。両者が雌雄を決せんとした合戦では、高城某と戸張弾正が揉み合いながら泥田の中へ落ち互いに短刀を抜く隙さえなかったため、相手の鼻を食いちぎったという逸話が残る。戸張弾正が鼻を食いちぎったのか、食いちぎられたのかはわからないが、大井地区と戸張地区の仲は悪く縁組や職人の雇い入れも憚られたという。
JR常磐線・東武野田線「柏」下車 阪東バス「戸張」行で「柏学園前」下車 徒歩5分
2008/07/20 東葛の中世城郭/崙書房出版
房総の古城址めぐり/有峰書店