福島城
 
別 名
所在地 千葉県市川市真間
築城者
築城年
廃城年
現 状 弘法寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 市川城は国府台城の別名だが別々の城ではないかという疑問が提起されるようになっている。康正2年(1456)に千葉実胤は市川城に立て籠もり古河公方足利成氏の軍勢と戦っているが、それは国府台城ではなくこの城ではないかという説が出された。戦国時代には市河氏の名前が見られ小金城主高城氏の攻撃を受けたという史料がある。千葉氏配下の士卒の多くが日蓮宗の門徒だったことから、弘法寺を要塞化した寺院城郭である推測もされている。
 弘法寺のある高台は思ったよりも比高差があった。境内は広々として歴史を感じさせる。丘は切り立つような断崖で目の前に真間川が流れる要害となっていた。ここが室町時代に築かれた市川城かは知る由もないが、境内には土塁が残っているし、弘法寺の西にある屋敷は千葉氏に仕えた重臣の末裔のようである。千葉氏の城を廻るとこの苗字の表札を城跡近くでよく見かける。直接的な証拠にはならないが手がかりにはなるのではないかと思う。
JR総武本線「市川」下車 徒歩15分
2010/01/17 東葛の中世城郭/崙書房出版