別 名
所在地 千葉県船橋市高根町
築城者 高城氏
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 高根城は千葉氏の一族高城氏の居城だが築かれた年代は確かではない。最初に高根に城を築いたのは高城右京亮信義とする伝承が観行院の由来に残されているが高城氏系図に信義という人物は見当たらず一族の通字である胤も名乗っていない。観行院と高根寺には鎌倉時代から室町時代にかけての年号が刻まれた武蔵板碑があるというから高根城もその頃に築かれたと思われる。戦国時代の高根城は高城山城守胤紹であり胤紹が妻の菩提を弔ったのが高根寺という。証拠とするには心もとないが高城氏が高根城主だったことの傍証にはなるだろう。天正18年(1590)に北条氏が滅ぼされたときに従属していた高城氏も没落し高根城も廃城となった。
高根城 二の郭跡の土塁 三の郭跡の土塁と空堀
土塁 土塁 秋葉神社の土塁
 はじめて高根城に訪れたときに感じた印象は県道の開通と宅地化でかなり破壊されているということだった。当時は図面も持たずに散策したこともあり遺構の確認が難しかったのと民家が立ち並ぶ細い路地をうろつきながら撮影することに遠慮があり高根寺と秋葉神社の周辺を中心に歩いている。
 以前の記憶がもう曖昧なのと中心部をきちんと見ていなかったのが心残りだったので18年ぶりに高根城を歩いてみた。高根寺と秋葉神社から見て北東にある台地が高根城の中心部で宅地や農地の中に土塁と空堀が点在する。主郭は民家になっているが櫓台とされる塚が見え隠れしていた。土塁が削られてしまった場所もあるようだが二の郭に残る土塁は今も健在だった。台地を下っていくと四の郭と五の郭を隔てる堀底道を歩くことになる。野瀬氏の墓碑が建つ場所から県道へ出るまでの道に残る土塁は巨大で高根城のいちばんの見どころである。高根寺と秋葉神社は出城のような存在だったらしく秋葉神社の境内は土塁囲みで独立した郭のようになっていた。明確な遺構を確認できたことで長年の胸のつかえが取れたような気がした。
JR総武本線「船橋」下車 新京成バス「船橋グリーンハイツ」行で「秋葉神社前」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・東葛の中世城郭/崙書房出版・房総の古城址めぐり/有峰書店新社
2002/05/18・2020/02/10