別 名
所在地 千葉県印西市岩戸
築城者 原氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 船戸城は戦国時代に原氏の領国支配を形成した城のひとつと考えられる。湖沼に面した城跡を廻っていると師戸城、船戸城、柳戸城というように類似した名称であることに気づかされるが、戸は渡に通じ船着き場や渡し場を意味する言葉らしい。干拓が進む以前の印旛沼はもっと湖面が大きく船戸城の直下にまで沼の水が迫っていた。これらの城郭は舟で往来し臼井城を中心として物資や人馬の往来が行われていたのだろう。
船戸城 空堀 空堀
土塁 土塁 曲輪跡
 公園内に見事な遺構を残す師戸城を訪れたあとに訪ねたのが船戸城だった。見事な遺構を楽しんだあとだったので見劣りは感じたが数少ない遺構はよく残っていた。丘の東側がほとんど削り取られてしまったのが惜しまれるが、地形を考えつつ歩くのは意義深い時間だった。
京成本線「臼井」下車 大成交通バス「印旛日本医大駅」行で「三軒屋」下車 徒歩1分
城郭と中世の東国/千葉城郭研究会
2015/03/05