福島城
 
別 名
所在地 千葉県佐倉市上志津
築城者 志津胤氏
築城年 南北朝時代
廃城年 興国元年/暦応3年(1340)
現 状 天御中主神社
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
天御中主神社
 
 志津城跡の天御中主神社に訪れたのは遠い昔のことでほとんど覚えていない。境内に樹齢6百年の巨木があったことぐらいしか記憶にないが、歴史が確かならこの巨木は志津城が廃城となったあとに根を下ろしたことになる。それからずっと志津の街を見守ってきたのだから千葉氏の内乱や北条氏の勃興もいろいろ聞かせてくれるかもしれない。
 天御中主神社は江戸時代に創建された神社だが、それからずっと特に大きな改変もなく残っているので境内のかたちがそのまま志津城の輪郭と考えて良いのかもしれない。実際はもっと広かったそうなので境内は郭の一部ということになるのだろうが、とても細かい形状までは覚えていないので未見の城郭探訪のときに再訪してみたい。
京成本線「志津」下車 徒歩15分
2002/11/02 日本城郭大系/新人物往来社
房総の古城址めぐり/有峰書店新社