別 名 国分館
所在地 千葉県市川市国分
築城者 国分胤通
築城年 平安時代末期
廃城年
現 状 下総国分寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 平安時代末期に千葉常胤の五男国分五郎胤通が築いた城である。当時は居館で時代の変遷とともに拡張されたのだろう。戦国時代は高城氏が支配していたが国分城が存続していたかはわからない。
 国分氏の息吹を訪ねて下総国分寺へ訪れた。何かないかと歩いてみたが特に遺構は見られなかった。後に資料を調べてみると土塁や腰郭などが残っていることがわかったが、現地は寺院と宅地が入り組んでいるために遺構の確認がしづらいと思う。
JR総武本線「市川」下車 京成バス「松戸駅」行で「国分」下車 徒歩5分
東葛の中世城郭/崙書房出版
2002/05/25