別 名
所在地 千葉県市原市山木
築城者 市原真常
築城年 室町時代
廃城年
現 状 宅地・山林
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 白船城は文明3年(1471)に市原備前守真常が在城していたという。真常は上杉顕定に加勢し八幡の戦いで古河公方足利成氏に味方した千葉胤持と戦い勝利しとと市原郡史は伝える。
 前日から降り続いた雨もようやく上がった。帰路の途中で八幡宿駅周辺にいくつかの城館があるので立ち寄った。最大の目標は能満城であるが通り道にある白船城を通過した。以前は城跡に旅館があったらしいが今はもうなく住宅が建ち並んでいる。文字通り船のようなかたちをした台地だったらしく鉤型に曲がりくねる坂道が城内を通っている。この細い道はおそらく堀切だろうと思う。中心部は宅地化されてしまい見る影もなかったが腰郭はその面影を伝えているようだった。
JR内房線「八幡宿」下車 小湊鉄道バス「労災病院」行で「山木坂下」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2019/03/01