別 名 多田山城守塁
所在地 神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎東
築城者 扇谷上杉氏
築城年 室町時代
廃城年
現 状 茅ヶ崎城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 横浜市指定史跡
評 価
 まるで奇跡のように新興住宅地の中に忽然と残された茅ヶ崎城だが、これまで歴史はほとんどわかっていなかった。最近の研究で北条氏の時代よりも少し遡る扇谷上杉氏の時代に築かれた城と定義されるようになっている。昭和の頃までは関東地方で優れた遺構を残しながらも歴史がわからない城は北条氏に城と分類されることが常だったが、地道な発掘調査とたゆまぬ研鑽によりその常識が覆されて山内上杉氏と扇谷上杉氏の時代に見事な城が築かれてきたという事実が少しずつ明らかになってきている。
茅ヶ崎城 西郭跡の空堀 西郭跡
南側斜面の腰郭 中郭跡の虎口 中郭跡の土塁
中郭跡の土塁 東郭跡 堀切と土橋
東郭跡の虎口 東郭跡の堀切 腰郭
 歴史はほとんどわからない城跡だが、遺構はそれをあざ笑うように歴然と残っている。はじめて訪れたのは整備が開始される前で鬱蒼とした雑木林だった。茅ヶ崎城が公園化されると聞き不安に思ったことを覚えている。公園整備の名のもとに土塁は崩され堀も埋められ遊具が置かれる様子が浮かんだ。
 久しぶりに訪れたのは友人と篠原城の現地説明会に行った帰りだった。午前中の早い時間に説明会は終了し時間が余った。せっかくだから近くの城跡に立ち寄ろうということになり整備された茅ヶ崎城を確かめに行くことになった。期待と不安が入り混じっていたが現地を訪れた瞬間にそれは杞憂に終わった。素晴らしい城址公園に生まれ変わっており城跡そのものがしっかりと残されていた。堀底が遊歩道になるのは仕方のないことだと思う。街中の憩いの場が藪に覆われていたのではどうしようもない。密林のような茅ヶ崎城も楽しかったが遺構が手に取るようにわかる茅ヶ崎城は迫力を感じたし、遠くまで続く切岸は藪のままでは見られることができない光景だった。こうした城郭整備が進められることを願いたい。
市営地下鉄「センター南」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2003/02/01・2011/01/29