福島城
 
別 名 小峯城・小早川城
所在地 神奈川県小田原市城内
築城者 大森頼春
築城年 応永24年(1417)
廃城年 明治4年(1871)
現 状 小田原城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 天守・櫓・門
史跡指定 国指定史跡
備 考 日本100名城
評 価
本丸 天守
二の丸 平櫓 常盤木門 住吉堀と銅門
銅門 天守 本丸 水堀跡
御用米曲輪 石垣 早川口二重戸張 八幡山古郭 東曲輪
小峰御鐘ノ台大堀切 外郭 空堀 外郭からの眺望
 
 はじめて訪れたのは中学1年のときだった。友人と一緒に来て天守で記念撮影をしている。二十代のときにも一度訪れているが日付はもう覚えていない。久しぶりに訪れたのは21世紀になってからで時代はフイルムからデジタルカメラへ移り変わった。
 関東地方を代表する名城であり言わずと知れた北条氏五代の居城である。その広大な外郭は総構と呼ばれ多くの近世城郭がそれを模倣している。最初に小田原を拠点として館を築いたのは土肥次郎実平の嫡男小早川弥太郎遠平だが、その居館の場所はもうわからない。室町時代に土肥氏は上杉禅秀の乱で衰退し駿東に拠点を持っていた大森氏が小田原城を築いたとされている。市内には大森氏が最初の居城として築いた花岳城という城があるが、小田原城の礎を築いたのは大森氏であることは間違いない。そして北条早雲が颯爽と登場し大森氏から小田原城を奪うと長い歳月をかけて巨大な要塞都市へ変貌した。武田信玄も上杉謙信もこの城を落とすことはできず、豊臣の大軍を相手にも3ヶ月持ち応えたことでその難攻不落ぶりが垣間見える。徳川家康は股肱の臣大久保忠世を小田原城に置き、わずかな期間を除けば明治維新まで大久保氏の居城として続いた。
 近世の小田原城は何度も見ているので北条氏時代の総構を中心に歩いた。城址公園だけでは小田原城の本当の姿は見えない。徒歩ですべてを見て回ると半日以上を費やさねばならないので交通機関を活用しながら要所を訪ね歩いた。これほどまでに凄い遺構があるとは思わずに堀底を驚きながら歩いていた。八幡山古郭が整備された後にも立ち寄った。整備された区画は思ったより狭くて落胆したが、そこから見る天守は新鮮な眺めだった。小田原城はとても美しい城だと思うが、周辺は市街化によって遺構がを破壊されてしまっている。
 北条氏の代名詞とも言える城だが、北条氏時代の中心となった八幡山古郭は学校建設などによりあまり保存状態はよくないと思う。発掘調査では期待されたほどの遺構が検出されず、戦国時代も近世の本丸付近が小田原城の中心ではなかったかという見方もされている。小田原は街並みも綺麗で海も近い。少し頑張れば石垣山城までも歩いて行ける。何度も訪れているのに不思議と飽きることがない。
JR新幹線・東海道本線・小田急小田原線 伊豆箱根鉄道・箱根登山鉄道「小田原」下車 徒歩10分
2004/12/30・2011/04/02 日本城郭大系/新人物往来社
よみがえる日本の城/学研