別 名 一夜城・笠懸山城
所在地 神奈川県小田原市早川
築城者 豊臣秀吉
築城年 天正18年(1590)
廃城年
現 状 一夜城歴史公園
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
評 価
 天下統一の総仕上げとなった小田原城の北条氏を攻めるために豊臣秀吉が築いた陣城である。単なる付け城ではなく総石垣造りの本格的な築城だったことは今も残る遺構を見れば納得できる。壮麗な天守が上がり新たな城が完成すると秀吉は樹木を伐採させた。小田原城では一夜にして城が現れたと騒然としたという逸話から一夜城と呼ばれる。
 長期戦になると踏んだ秀吉は淀君や千利休を呼び寄せ、諸侯にも退屈しないように愛妾を呼ぶことを許した。このあたりまではまだ不世出の英雄だった秀吉の姿が生き生きとして伝わる。高く積まれた石垣は当時の築城技術の粋を集めたものだが、残念ながら長年の風雪と関東大震災によって崩れてしまった。北条氏を滅ぼすと石垣山城は役目を終えて廃城となり、江戸時代は立入りが禁じられたおかげで城郭の形はほとんど失われることなく保存されている。
石垣山城 南曲輪跡の虎口 南曲輪跡の石垣
西曲輪 西曲輪跡の石垣 西曲輪跡の石垣
三の丸跡 二の丸跡 二の丸跡の石垣
井戸曲輪跡の石垣 井戸曲輪跡の石垣 井戸
本丸跡の石垣 本丸跡の石垣 本丸跡の虎口
本丸跡 天守台跡 石垣山城からの眺望
 天下統一目前の豊臣秀吉が築いた石垣山城は二度訪ねている。名前のとおり総石垣の見事な城である。小田原を震源とした関東大震災で石垣の大部分は崩壊しているが、崩れかけた石垣は争乱の時代を語り継いでくれている。
 小田原城に籠る北条氏を攻めるために築かれた陣城だが築城の名手秀吉が築いた城だけあって本格的な大名の居城といった風格がある。秀吉は多くの城を築いているが墨俣城は伝説の中にあり長浜城もほとんど痕跡を留めていない。伏見城は天皇陵のため大部分は見ることができず大坂城は徳川家康が再建した現在の城の地中に埋もれている。秀吉流の築城様式が見られる城は意外と少なく肥前名護屋城と石垣山城ぐらいと言っていい。二の丸や本丸を歩いているとのどかな気分になるが当時は壮麗な御殿が建ち並び淀君や千利休らがこの城で秀吉の栄耀栄華をともに過ごしていたと思うと歴史の持つ重みを感じる。秀次も秀長も生きていたこの時代は秀吉が最後の光芒を放ったときだったと思う。
 はじめて訪れたのは暮れも押し詰まった日のことだった。年末年始の休暇ということもありどこかふらりと出かけてみたくなったので近くも遠くもない小田原を選んだ。時折薄日が差すような天候だったと思うがあまり覚えていない。小田原城から歩いて訪れるには少し遠く感じたが緩やかな坂道からは箱根方面がよく見えた。途中には小田原に参戦した大名たちの事績を記した案内板があり退屈もしなかった。やっと着いた城跡にはあまり人はいない。駐車場には何台かの車が停まっていたが歩いてきているのは自分ぐらいだろう。個人的には南曲輪の崩壊寸前の石垣が好きだが良好に残っている西曲輪の石垣も捨てがたい。いちばん印象に残っているのは井戸曲輪を囲む石垣だった。長い間の風雪に耐え大地震にもよく持ちこたえてくれたと思う。冬の晴れた日は眺望も特に素晴らしい。
JR東海道本線「早川」下車 徒歩1時間
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社
2004/12/30・2011/04/02