福島城
 
別 名 富士山陣場・板橋城
所在地 神奈川県小田原市板橋
築城者 北条氏
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石積・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
主郭 土塁
遠景 主郭 二の郭
 
 小田原城の総構を見て回り、時間が余ったので細川忠興が攻め落とした富士山城へ立ち寄った。周辺は住宅が建ち並び、本当にこんな住宅街に城跡があるのかと半信半疑だったが、突き当たりまで歩くと取り残されたように森林が残され、遺構もよく残っている。
 細川忠興は有名なガラシャの夫である。細川藤孝の嫡男で明智光秀の娘婿という良血であり、武将としても勇猛で茶道や和歌にも造詣の深い文武両道の人物だった。苛烈な性格の忠興だけに石垣山城で督戦する秀吉に見せつけるような戦いをしたことだろう。
 
箱根登山鉄道「箱根板橋」下車 徒歩15分
 
2004/12/30・2011/04/02 日本城郭大系/新人物往来社
神奈川中世城郭図鑑/戎光祥出版