別 名 戸張城・猫山城
所在地 神奈川県足柄上郡山北町山北
築城者 河村秀高
築城年 平安時代末期
廃城年 天正18年(1590)
現 状 河村城址歴史公園
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 柵・木橋
史跡指定 神奈川県指定史跡
評 価
 平安時代から続く河村氏の居城とされている、山城としての河村城が築かれたのは南北朝時代のことらしい。南朝に味方した河村一族は敗れ去り室町時代になると大森氏の支配下に置かれている。戦国時代は北条氏の支城として道志方面からの侵攻を企てる武田氏に備えるため大規模な山城へと改修された。北条氏の滅亡により河村城も廃城となっている。
河村城 茶臼郭跡の畝堀 茶臼郭跡の畝堀
お姫井戸 小郭跡の畝堀 本城郭跡の虎口
本城郭跡 蔵郭跡の堀切 近藤郭跡の畝堀
大庭郭跡 馬出郭跡 西郭跡の堀切
北郭跡 北郭跡の堀切 河村城からの眺望
 はじめて訪れたのは夏の盛りだった。足柄城からの帰り道だったが地理不案内で南の細い林道から登り、方向転換もままならないような狭い駐車場に車を停めて山道を歩いた。時期的に藪蚊が多く満足に歩き回ることができなかった。それから8年過ぎて再訪したが秋雨前線が停滞して10月半ばとは思えないほど気温が低い日だった。早朝の山北駅では本降りの雨となり頭からポンチョを被って登っている。
 北麓の登山道から緩やかな坂を少しだけ登ると本城郭と茶臼郭の真下に着く。実に呆気なく山城歩きとしてはずいぶん楽だった。降り続く雨の中でカメラにつく水滴を拭き取りながら歩いたが、畝堀の底に水が溜まり意外にも美しい景観を楽しむことができた。雨は容赦なく降り続くが気にすることもなくすべての遺構を歩いている。西郭から北郭にかけては整備されておらず藪だらけの堀切を歩く。尾根の先端までひと通り歩いたあとは引き返し大庭郭へと向かう。巨大な堀切に架かる木橋を渡ると蔵郭へ至る。工事中だった近藤郭から先の整備は完成していた。この工事はひどい出来栄えで堀切の南側にコンクリートの橋が架けられ遺構が台無しになっているし、畝堀も途中で分断されている。工事の設計者は何も疑問に思わず建設計画を出したのだろうか。これだけは痛恨だった。
 この雨では眺望は望むべくもない。雨がしのげる場所を見つけて軽く食事をして南へ下りる。酒水の滝への道標があり興味もあったが雨は強く降り続き道程も遠い。滝見物はあきらめ河村氏の居館跡へ向かうことにした。
JR御殿場線「山北」下車 徒歩25分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2009/07/19・2017/10/16