福島城
 
別 名 下堀館・下堀方形囲郭
所在地 神奈川県小田原市下堀
築城者 志村氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構 土塁・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
水堀
 
 小田原厚木道路の南に広がる市街地の中に今も立派な方形区画が残り、近世城郭のように整然とした水堀が囲んでいる。あまりにも整いすぎた形のために住宅地となり、水堀は用水路として利用されている。
 武田氏の遺臣志村一族がここに居住したとされ、今も志村姓の人が多く住んでいた。長篠の戦いで山県昌景の首を守った志村貞盈という武士がいるが、下堀城の発掘では花菱紋をあしらった笄が出土している。花菱は山県昌景が用いた家紋の一つであり、下堀城と志村氏を結びつける傍証になると思う。
 
JR東海道本線「鴨宮」下車 箱根登山バス「国府津」行で「下堀入口」下車 徒歩10分
 
2011/04/02 日本城郭大系/新人物往来社